<スポンサーリンク>

ビットマスターという仮想通貨を語ったマルチ商法について調べてみた

もしよかったら
クリックお願いします~

 

とある日のゆろるさんと友人Mの会話

友人M
ちょっとゆろる聞いてや
ゆろる
なんやM
友人M
ビットマスターって知ってるか?
ゆろる
知らんぞ

突然ビットマスターとかいう謎の組織の話をされ困惑するゆろる氏

友人M
簡単に言えばビットマスターの会員になるだけでビットコインをもらえ、さらにビットマスター社の売り上げからリターンをもらえるからビットコインが暴落しても損することなく儲けられるっちゅう話や
友人M
しかも友達を紹介して会員になってもらったらボーナスをもらえるんや
ゆろる
お、おう…(まさかM入会してないよな…)
友人M
まあ俺はこの手の話は大嫌いだし断ったけどな
ゆろる
さすがワイの友達や!!あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!)すまん安堵と嬉しさでつい。
 

あかん、キャラ崩壊してる
 

てな感じで見るからに怪しい話ですよね。さて、まずはこのビットマスターという組織を紐解いてみましょう。




 

公式サイト、ありました

 

早速会社概要を見てみる。

ビットマスター 会社概要

ビットマスターという会社は、とてもシンプルなアイディアから2013年に開始されました。

今話題のデジタル通貨の購入、ビジネスを展開するために必要なツール、そして生活のあらゆる側面をより豊かにできるサービスを、製品ラインナップとして組み合わせました。

ビットマスターは、業界の中でもユニークなサービスやビジネス機会を提供するだけでなく、国際的な文化交流、教育、またファイナンシャルリテラシーという分野を特に大切にしています。

 世界規模での経済不振が常に騒がれているなか、ビットマスターが重視する目的は、私たちの生活に本当に重要であるニュースや情報を、リアルタイムにそして確実にお届けする事にもあります。

十数年の経歴とスキルを持つカナダ発のエグゼクティブチームによりこれらが実現しました。

 インターネットが90年代の初頭に世界を大きく変えたように、ビットマスターが扱うビットコインというものは、今後の国際的な経済に革新的な変化をもたらすと言われています。

 なぜならばビットコインは、単なるインターネットのお金ではなく、【お金ためのインターネット】であるからなのです。

ビットコインは、お金という概念を世界規模で根底から覆す可能性を持つ、インターネット以来の人類の大きな一歩なのです。

 暗号化技術によって裏付けされた中央権力の存在しない経済という概念が、今までにグローバル経済に参入する事のできなかった60億人もの人々に、ようやく希望を与えてくれる時代が訪れるでしょう。

物凄く抽象的で具体的にどんな活動をしているのかが見えてきませんね。

ゆろる
念のため帝国データバンクで企業サーチしてみました
 

あった。

ゆろる
会社の所在地をグーグルマップで確認してみました
 

ふむ。他のサイト様を見てみると会社が存在していない説も囁かれているようですが、最新のGoogle Street Viewだとビットマスター社の存在を確認できました。

というわけで、一応会社は存在しているみたいですね。
 




 

さらにはM氏からこんな情報も…

 

友人M
 

※実際に勧誘を受けた友人の生の声(LINE)です。
(掲載許可は得てます)

というわけでこの会社がやってることがさらに気になってきたので、深く調査してみました。
 

ビジネスパートナー登録という制度がある

 

  • パターン1:64,800円 + 月額13,000円
  • パターン2:368,000円
  • パターン3:998,000円

 

※いずれも2年で再登録が必要らしい

ビットマスター社に収める金額が多ければ多いほど、リターンが多くもらえるという制度。

え、高くね!?

ってのが正直な感想。
それだけの金あったら普通に仮想通貨買った方が儲けられそう…(´・ω・`)
 

ビットコインのATMであるBTMを扱っているらしい

さらに会員はそのBTMを販売する事ができるらしい。誰が買うんや…

実際にBTCを扱っているATMはすでにチラホラと見かけるようになっていますが、仮にこのBTMを扱っているという話が本当だったとしても個人で売り込むのってめちゃくちゃ効率悪い気がしますが…。
 

紹介制度で得られるリターンについて

 
ビットマスターの会員にはランク付けがされているらしく、ランクが高い会員ほど人を紹介したときのリターンが多く得られるとのこと。

視覚的に分かりやすく表現するために参考イラストを作りました。
※実際にビットマスター社がこのランクを用いているわけではありません。あくまで一般論です。

基本的にマルチ商法というものは絶対に中堅層以上には入れません。
養分層へ取り込まれるのが関の山です。
 

まとめ

 
実際に入会してるわけでもないのに真っ向から否定すると反感を買いそうですが、正直なところあからさまなマルチ商法ですし近づかないのが吉です。
 

【参考サイト】
https://adssuzu.xyz/bitmaster-mock
https://imashio-crypto.com/2017/12/10/bitm/
http://jack-invest.com/archives/3754

質問・意見募集中です!(匿名OK)

 

ABOUTこの記事をかいた人

ネットマネタイズ専門ブロガー。仮想通貨で40万→10万→1ヶ月で1000万↑ その他、自動更新スクリプトを組み複数サイト運営している変わった人。今までの経験から「読むだけで貯金が増えるブログ」を設立。