<スポンサーリンク>

含み損に耐える4つのオキテを公開!

もしよかったら
クリックお願いします~

 

管理人も含み損時代を経験

 

ゆろる
管理人も仮想通貨始めたてのころ幾度となく含み損を経験してます
 

含み損の状態で損切りをしてしまうと基本的にジリ貧になります。
実際に管理人が40万の原資を10万に減らした原因の一つが含み損の損切です。
 


 

とは言え、含み損の状態で通貨を保持し続けるのも難しいですよね?
そんなあなたに、含み損に耐える4つのオキテを伝授します。
 

含み損に耐える4つのオキテ

 

オキテその1:その通貨のコミュニティに所属する

これは結構大事です。その通貨のコミュニティは、その通貨をホールドしている人の集まりですので、自然と仲間意識が芽生えます。

保持している通貨の価値がジリジリと下がってきても、仲間同士で支えあうことができるので、含み損に耐えるための大きな原動力となります。

コミュニティツールとして有名なのが、DiscordTelegramです。
 

オキテその2:チャートやポートフォリオを絶対に見ない

チャートはリアルタイムの価値を反映しているので、下落しているさまを見ていると心が持ちません。

同じ理由で、ポートフォリオを見るのもやめましょう。なんならポートフォリオからその通貨を抹消してしまい持っていないことにしてしまうと気が楽です。笑
 




 

オキテその3:ロスカットはないからいつか戻ると気楽に構える

現物保持はロスカットがありません。自分で損切りするまで損ではないのです。
 

オキテその4:大口投資家の桁違いな含み損を見て気持ちを落ち着かせる

何億と含み損を抱えている大口投資家を見て、自分は大したことないじゃないかと思い込む方法です。

生活費を全てつぎ込んでいる人はこの手法は使えませんので悪しからず(そもそも生活費をつぎ込むのはやめましょう。あくまでも余剰資金で)
 

質問・意見募集中です!(匿名OK)

 

ABOUTこの記事をかいた人

ネットマネタイズ専門ブロガー。仮想通貨で40万→10万→1ヶ月で1000万↑ その他、自動更新スクリプトを組み複数サイト運営している変わった人。今までの経験から「読むだけで貯金が増えるブログ」を設立。